<< 「朝ごはんの空気を見つけにいく」 堀井 和子 | main | 「じゅげむ/目黒のさんま」桂 小南、ひこね のりお >>

「この世でいちばん大事な「カネ」の話 」西原 理恵子



こんな本を待っていました。

誰かが書かないといけない、オベンチャラではないカネの話。

一番の適任者です。


正直いうと、映画「女の子ものがたり」を観るまであまり好きではありませんでした。

まだマンガを読んだことはありません、、


でも今は好きです。



貧乏な町に育った話は最近よく聞くけれど、私は結婚以降の話に興味を持ちました。

「アジアの子ども」

「負のスパイラル」

「カエルの子はカエル」


「できちゃった婚」を「おめでた婚」なんて言葉にカエルな!


at 10:28, 生活