<< 「久世光彦vs.向田邦子」小林 竜雄 | main | 「この世でいちばん大事な「カネ」の話 」西原 理恵子 >>

「朝ごはんの空気を見つけにいく」 堀井 和子



朝ごはんに関わることを始めようとしています。

今まで読んだ本だったのですが、もう一度読みました。

堀井さんの本はどの本も読みやすいです。

うちの奥さんは食いしん坊なので堀井さんの本が大好きです。

「わー!おいしそう」って感じです。

私は堀井さんの本はじわじわとくる本だと思います。

堀井さんのモノの捉え方、紹介の仕方。ゆっくり読んでじわじわ感じる本です。

でも何はともあれ、朝ごはんについて考えるとわくわくします。

at 10:39, 食事