<< 「カングル・ワングルのぼうし」 エドワード・リア作、ヘレン・オクセンバリー絵 | main | 「サーチエンジン・システムクラッシュ」宮沢 章夫 >>

「少女ソフィアの夏」 トーベ・ヤンソン


先日紹介したビックイシューのムーミンの特集を読んでから、トーベヤンソンが気になってしかたありません。

うちの奥さんはその記事を読んで「ハレンチな人生」と表現しました。(想像とのギャップを何故かそう表現しました。)

私はまったくそんなふうには思いませんでしたが、同じ記事を読んでも感じ方は人それぞれです。

アニメのムーミンが日本だけの世界だということは何かで読みましたが、トーベヤンソンが表現したかった本当のことって何だったのか、、ムーミンではない作品の中にヒントが隠されているように思えてなりません。



しかしながら未だ未解(正しい日本語なのだろうか?)。

at 10:39, 童話