<< 「花森安治の編集室」 唐沢 平吉 | main | 「芸術家Mのできるまで」森村泰昌 >>

「港町食堂」奥田 英朗



これは面白い!

声を出して笑って読みました。

あんまり面白そうに読んでいるもんだから、嫁さんが私の居ない時こっそり読んでみたそうです。

「面白かったけど、声を出して笑うほどではない」とのことでした。

私は毒舌が大好きなんです。

生まれ変わったらイタリア人のおじさんになろうと思っています。

昼間からカフェで酒を飲んで、縦列駐車を失敗した女性に「家でパスタでも茹でてなっ」って言ってやるんです。

そんな本でした。

at 11:17,