「ルーシーリー展」




新美術館には行けませんでしたが、パラミタミュージアムのチケットは金券ショップで見つけました。(当日入れるか不安)

最近ルーシーリー関連の本が集まってきました。

売りたいけど売りたくない。そんな本ばかりです。

こんな豪華な図録は見たことがありません。見ているとニヤニヤしてきます。

ルーシーリーの物語を読んでいると、必ずバーナードリーチやハンスコパーの名前が出てきます。知らないことはたくさんある方が調べる楽しみが多いです。
だから本屋はやめられない。

at 20:09, 陶芸